建築CADソフト、建築関連ソフト全般、パソコンの導入、アフターメンテナンスまでワンストップで対応いたします

ARCHITREND ZERO 動作環境

  • HOME »
  • ARCHITREND ZERO 動作環境

最新版動作環境(2018年7月)

OS Windows 10 April 2018 Update バージョン1803
Windows 8.1
Windows 7 SP1
(推奨:Windows 10 April 2018 Update バージョン1803(64bit)/
8.1(64bit) / 7 SP1(64bit))
※ARCHITREND ZEROには、64bit版OS用の64bit版プログラムと32bit版プログラム(WOW64対応)があります。
CPU Core i5以上(推奨 Core i7)
※デュアルコアCPUは、レイトレーシング時のマルチスレッド処理に対応。
※CPUは、intel社製に限ります。
メモリ 64bitOS:8.0GB以上(推奨16.0GB以上)
32bitOS:推奨4.0GB
HDD 5.0GB(推奨7.0GB以上)【FAT32・NTFSファイルシステム】
※データの大きさや必要構成により異なります。
解像度 1280×1024以上推奨
VIDEO OpenGL、DirectXをサポートしテクスチャ用バッファを持ったグラフィックボード
※オプションプログラム「ARCHITREND リアルウォーカー」:OpenGL 3.0、DirectX 10.0 以上
※ARCHI Box for Windowsは、DirectX 11.0 以上
VIDEOメモリ 512MB 以上(推奨1.0GB 以上)
※ZERO基本「ウォークスルー」「パースモニタ(影の表示)」、オプションプログラム「日当たりシミュレーション」「風向シミュレーション」「パーススタジオ」「ARCHITREND プレゼンデザイナー」「ARCHITREND リアルウォーカー」にはグラフィックカードが必要です。
(推奨グラフィックカード:nVIDIA 社製Geforce GTX 750シリーズ以上、Quadro P2000 以上、AMD社製 RADEON RX 460シリーズ以上)
(「ARCHITREND リアルウォーカー」については、 AMD社製 RADEON系グラフィックカードは動作対象外です。)
その他 Internet Explorer 11
※officeドキュメントには、Microsoft office2010以上が必要です。
※2本のアナログジョイスティック付属のゲームパッドが必要です。

注意事項

※プログラムのインストール時にDVD-ROMドライブまたはネットワーク環境などのDVD-ROMを認識できる環境が必要です。
※プログラムのインストール先としてNASのご利用はできません。またデータを直接NASに保存することは推奨できません。
※動作確認テストは、動作環境で行っております。Windows Vista、XP、仮想マシン上での動作は保証外です。
※上記動作環境は2018年7月現在のものです。動作環境は予告なく変更する場合があります。商品により動作環境が異なる場合があります。製品に関するお問合せは弊社までお願いします。

→製品概要 →最新版の紹介 →価格 →動作環境 →お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © Fuji Computer System All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.