建築CADソフト、建築関連ソフト全般、パソコンの導入、アフターメンテナンスまでワンストップで対応いたします

ARCHITREND ZERO 最新版Ver.5の紹介

  • HOME »
  • ARCHITREND ZERO 最新版Ver.5の紹介

リフォーム積算の概要

現況図への解体・移設指示や計画図への新設指示など、図面上への積算の為の指示入力に対応。
もちろん積算パーツもこのステージで活用する事ができます。
リフォーム積算の概要

リフォーム専用コマンド

リフォームに関する機能を平面図の「リフォームコマンド」に集約しました。外壁・内壁の仕上張り替えや断熱リフォーム等新設する部位の指示編集を図化する事ができます。
リフォーム専用コマンド

参照現況図(解体・移設指示)

計画図から現況図に切り替えると「参照現況図」として解体の指示を行う事ができます。
指示は解体図として図化されるだけでなく、すべて「積算に連動」します。
参照現況図(解体・移設指示)

URL発行でお手軽VR

「URL発行」ボタンで飛んでくるメールに記載されたURLをタップすると、パノラマ画像がスマホに表示。
メガネアイコンをタップすれば即VRを体験する事ができます。
URL発行でお手軽VR

64bit対応

「64bitプログラム」に対応しました。無尽蔵にメモリ空間を利用できますので、レンダリング等メモリを多く使用するような場面でもメモリ不足になる事はありません。64bit対応

外皮性能計算 屋根断熱高さ基準

外皮計算において、屋根断熱では断熱材の下端が屋根垂木より下がる場合、壁の高さを軒高より下げる必要があります。断熱材施工位置が垂木下端より下がる場合、垂木下端からの距離を設定しておくことで自動配置時に熱的境界(壁)の上端高さに反映されるようになりました。
外皮性能計算 屋根断熱高さ基準

PAGETOP
Copyright © Fuji Computer System Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.